Show MenuHide Menu

女性起業家

2014年9月5日

制度の違いに加えて、「独立する」ことと「会社に勤める」ことの間には、適性の違いがあります。女性向け商品やサービス、店舗展開などについてのコンサルタントをしている伊藤桂子さんは、シンクタンクを経て独立し、株式会社「ライフインテリジェンス」を設立した女性起業家です。伊藤さんは、「企業で働くのが向いている人と独立・フリーが向いている人があり、これを間違うと気候の合わない所で生活するようなもの」と話しています。伊藤さんは、資質チェックリストをあげ、aに○が多い人は会社員向き、bに○が多い人はフリー向きと述べています。伊藤さん自身は、会社勤めでの人間関係が嫌で、独立に踏み切ったそうですが、一方で、「起業に不向きな人は会社にしがみつけ。リストラで追い出されたら、派遣社員などでしのぐ方が賢明」と助言しています。確かに、リストのように、「初対面の人は苦手」だったり「指示されたことをしている方が気楽」だったりする人に「業を起こせ」といっても、苦痛ばかり多く、ことはそう簡単にはいかないでしょう。また、「ゴーイング・マイウェイ、わが道を行くのが好き」といっても、あまりに自己主張が強く、取引先とも協調していけないタイプの人も難しいかもしれません。フリーランサーが大手の下請けのような機能を果たしがちな日本社会では、取引先との協調は結構大切だからです。こうした人は、会社が与えられる仕事を地道にこなして一定の給料を受け取り、帰宅後に趣味として「わが道を行く」方が無難なこともあります。一部には「労働の規制緩和の時代なのだから、競争して勝ち残った人だけが幹部候補として正社員待遇で残り、あとの大多数の人は派遣社員やパートになり、この人たちは、雇用の期限が切れたら独立すればいい」といった乱暴な議論も見受けられますが、非正社員であろうと「会社に勤める」が向いている人も一定数はいるのです。非正社員とされてきた人たちの労働条件の整備なしで、いくら独立や起業を奨励しても、安定した社会にはなりません。こうしたことを放言をする人の多くは、実は「自分は絶対に会社に残る側に回るはず」と思い込んでいることが多いようですが、こうした人たちも、状況によっては、出ていく側に回ることがありえます。「起業マインドを持て」と説教するだけでは、問題は解決しないのです。素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。

DY095_L

自分の腕だけが頼りに

2014年9月5日

都内に住むC子さんは、フリーの翻訳家兼編集者で、ある出版社の本の翻訳監修などを請け負っていました。机もその会社の中にあり、一日のほとんどの時間をその会社の仕事にあて、社員とほぼ同じ働き方をしていたというのです。ところが、社長が交代し、新社長がリストラの方針をうち出しました。「もう翻訳の監修なんていらないので、こなくていい」といきなり仕事の打ち切りを言い渡され、C子さんは弁護士に相談し、「事実上の社員扱いで雇用契約に準じる関係だったのに、事前の通告もない解雇はおかしい」と訴訟に持ち込みました。会社側は「フリーランサーは自営業なのだから、いつ仕事を打ち切られてもしかたないはず」と譲っていません。パートや派遣社員のような新しいタイプの会社員は、雇用契約ですが、それでも圧力団体となる労組が不備である、など、契約を守らせるためのシステムが「正社員」ほどは確立していないために、不利な立場に陥りやすいのです。自営業扱いのフリーとなると、その立場はさらに難しくなります。最近は、自宅や小さなオフィスを仕事場に一人で小規模の事業を始めるSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)が話題ですが、こうした人々も同じです。会社員の有給休暇は、一定のお金が払われますが、フリーや起業家は「独立」したが最後、休んだらお金は入ってきません。産休や育児休業をどう保障するのか、ノウハウはまだ確立していません。交通費や福利厚生、年金など、会社員なら企業が負担しますが、それもありません。自力で事務所を開いた人からは、これほど出費が大きいとは思わなかった、との声をよく聞きます。フリーは実力の世界だから、自分の腕一本だけが頼りだ、と考えることは間違いではないかもしれません。しかし、支援の制度を整えれば、その変動幅をもう少し安定的に変えることができるのも、また確かなのです。会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→で出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。

DY093_L

女性のフリーランサー

2014年9月5日

英国の産業革命以降、工場で働く労働者が大量に発生し、人々は、強い会社と弱い個人の力の格差に苦しんできました。経営者は工場の機械や資金を持っていますから、かわりがいれば、簡単に働き手をすげ替えることができます。一方、働く側は、首を切られたら何も対抗手段がありません。やがて、働き手が集団で仕事を拒否することで、工場の仕事をストップさせ、会社の絶大な力に影響力を行使しようとする「ストライキ」などの戦法も生み出され、働き手は強い会社と対等に交渉するためのいろいろな方法を考え出しました。「労働法」はこうした営みの過程で積み上げられてきたもので、働き手を法律でバックアップし、「ゲタをはかせる」ことで、会社と何とか対等に渡り合うことができるようにしたのです。ストライキを権利として認めるとか、女性に産休を保障するとか、最近では、企業はセクハラを防ぐように配慮しなけれぱならないとかは、その一つです。働く側へのえこひいきではないか、と思う人もいるかもしれませんが、人間が安心して暮らすためには、ある程度安定した収入が必要です。こうした生活ができないと、社会不安が起こり、働く意欲も減退し、消費意欲も衰え、長い目で見れば、会社の運営にも不利になるという経験から、こうした法律ができてきたのです。ところが起業家は、たとえ一人で営業していても、経営者です。取引先と、大きく力関係が違っていても、労働法のような強力な助っ人はいません。契約書が頼みですが、その契約書にしても、二つの会社の力関係で落とし所が決まるわけです。会社員なら、いきなり解雇を通告されても、事前の通告がなかったのは企業側の過失になりますが、フリーランサーが出入りの会社からいきなり仕事を打ち切られた場合、文句はいいにくい状況にあります。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

DY096_L

既婚女性の働き方

2014年9月5日

一方、シナリオ2のように、「非正社員」とされてきた人々の権利が、「正社員」と同等に認められる仕組みがつくれた場合にも、別の形で「会社をつくる」ことは必要になってきます。社会構造の変化で、競争力のなくなった産業も増えています。一方で、新しい社会のニーズに応じて、新しい産業が必要な時期がきています。ところが、会社の成長に役立つものだけを拾って事業化する大手企業のやり方では、「社会の必要あるが、事業にするにはもう少しじっくり育てなければ」という段階のものには、なかなか資金は出ません。女性は会社の中の既得権益が少ない分、「会社の成長」より「社会のニーズ」に目を向ける人が多く、これが起業の有力な動機のひとつになっています。ですからこうした新しい分野の開拓に、女性の会社起こしは重要な役割を担うことになるのです。暗い方、明るい方、どちらへ向いても、フリーランサー、起業といった「会社の外」での「自由な働き方」は、今後の女性の選択の大きな柱になりそうです。

●フリーランサーのリスクとはただし、ここで認識しておかねばならないことは、フリーランサーや起業家になるということは、「自由な会社員」になることとは違う、ということです。会社は組織ですから、管理職がきちんと機能していれば、凡人でも活躍が可能です。フリーランサーや起業家は、まず、その組織づくりから自分で行わなければなりません。しかも、フリーランサーや起業家と、会社員とでは、法律上の立場も違うのです。パートや派遣社員も含め、「会社員」は会社と雇用契約を結びます。その場合、働き手は何かあった場合、「労働法」で守られることになります。コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

DY088_L

結婚と出産について

2014年5月22日
MIX46014

結婚の生理学にとっては、性関係よりも生殖の問題のほうがはるかに重大です。というのは、結婚はふつう、そのなかに生殖をふくんでいるからです。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、結婚相談所 比較 ←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。
結婚の社会学のところで、現代結婚の第一の機能が育児にあると述べたとき、こどもを生むことはかならずしも結婚と関係がない、というようなことをいいました。
それなのに、いまはなぜ、結婚にはふつう生殖がふくまれる、などと書いたのか。いや、結婚に生殖がふくまれるのがふつうなら、どうして生殖を結婚の機能として認めようとしないのか。
その理由はかんたんです。
現代の結婚を家族制度としてとらえたとき、それが家族法によって規制されているから、ということを根拠にしたことは、読者も記憶しておられるでしょう。
その家族法が、生まれたこどもの保護のために、いろいろな配慮をおこなっていることは、本書の付録に抜すいした民法の条文にも明らかです。
ところが、こどもを生むことについては、家族法はなんらの法的規制もおこなっていないのです。
つまり、法は、結婚したものに子を生むことを要求していないわけです。
結婚したものが、だれも子を産まなくなったりしたばあい、社会は家族法を改正するか、べつの法律を考えだすか、何らかの方法で子孫の絶滅防止をはかることもあるでしょうが、少なくとも現代社会は、むしろその反対のことを考えているともいえそうです。
というのは、旧雌の義務を法制化するかわりに、優生保謹法によって妊娠中絶や不妊手術を認めるとか、避妊法の普及に努めている、というのが現状であるからです。
これらの事実が、出産制限を目的としているものでなく、よりよき出産を目的としているものであることはもちろんですが、いずれにしても、明らかなことは、現代の結婚がむかしあったような「子なきは去る」的なものではなくなるといっている、ということです。

昔の男にとっての女

2014年3月25日
EC057_L

誰でもが読む週刊誌のグラビアを、ポルノまがいのヌードがかざったり、人前にはだせないような写真が堂々とスポーツ誌の一面にのって、
教養ありげな男たちが電車のなかで恥ずかしげもなくそれに見入っている、という風景は、この国でなければ見られない。
異性と関わるという、人生に大きな豊かさをもたらす行為は、こうして日本の成人男性においては、ほとんどつねに、「漁色」の色彩を帯びてしまう。
そして彼らは、対等の人間としてでなく、軽蔑し、見下しながらその性を楽しむ相手として女を見るようになっていく。
明治の初め、恋愛は人生の秘鋪(やく) である、と北村透谷が宣言したとき、人びとはあっと驚いたが、こと女を愛し、尊敬することにかけては、
現代でも事情はそれほど変わっていない。友だちの誘いを振り切って、女房と約束があるから、と帰っていく男はばかにされる。
女にやさしい男、女に一目置く男はからかわれる。
色男は「金と力はなかりけり」がふさわしく、男らしい男、ぱりぱり仕事をする男、世のなかに認められる男は「英雄色をこのむ」ならば許せても、
断然、恋に落ちたり、妻につくしたりしてはならないのだ。
こうして中年すぎの男たちは、女を見るとき、相手を無意識のうちに二通りに分類してしまう。
ひとつは妻や主婦などと、相手を異性としてでなく、ある役割に当てはめてみるやり方。彼女たちは実用向きの女だから性愛の対象にはならないのだ。
「ひとの女房なんかと口をきいても面白くねえよ」という姿勢がここから導きだされる。
いやむしろ、夫自身、「女房なんか相手にしても面白くもねえよ」と思っている、というほうが正確かもしれない。
もうひとつのグループに分類されるのは、水商売の女たちや、「自由」な女たち、つまり離婚した女やウーマンリブの女たちである。
男たちはなれなれしく彼女たちに近づいてくる。「ものにしよう」という下心と、相手を軽く見る気持ちを隠しもって。
変な男に引っかからないように、出会いがない 社会人 ←こちらでよく選びましょう。

ダメな男の例

2014年3月25日
EC056_L

男性の同僚にさそわれて、初めて酒場へ飲みに行った私の若い知人は、自分たちの席に侍(はぺ) ったホステスの洋服の裾から、
彼がこともなげに手をさしこむのを見て仰天した。その彼は、ふだんは謹厳実直と思われている「学校の先生」だったから、驚きはなおのこと深かった。
日本の男は、こんなふうに、相手が水商売の女である場合に、はずかしげもなくその本性を表わす。
女について、性について彼がどう考えているかというホンネが、そういうときに丸見えになる。
外国の男とて、娼婦を買わないわけではない。しかしそれは、ひた隠しにされ、人目にふれないところで行われ、当事者の社会的生命にも関する背徳として扱われる。
ところが日本ときたら、東南アジアや台湾への買春ツアーが会社単位で企画され、団体でくりこむお国柄なのだ。
この女は性の対象として考えてもいいな、と思ったその瞬間から、男の態度はいやらしくなる。彼の潜在意識に、買春のパターンがへばりついているからだ。
誰もが異性を求め、恋の歌を歌う青春の一時期を過ぎると、日本の男性の女性に対するアプローチは、基本的に「女遊び」のパターンをなぞるようになる。
それは欲望をもっとも低い次元に還元し、対象となる相手を侮蔑し、軽視し、単にものとして扱う姿勢である。
よくてせいぜい自分を高承において、「かわいそうな」相手の身の上をあわれむ姿勢である。
そこには性の相手を対等の人間として見、性愛を通じて自分を高めようとする姿勢がまったくない。
そしてこうした男性の低級さが、社会階層の上下を問わず是認されているのが日本なのだ。
低級ではない男性を探すなら←こちらからどうぞ。

今昔日本人欧米人の夫を比較

2014年3月25日
EC054_L

最近、連れ立って歩いている若い夫婦の場合、赤ん坊を抱いているのはさすがに父親のほうになった。二十年前、それは母親の役目であった。
それでも中年の夫婦が歩いているのを見ると、荷物を抱えているのはまだまだ妻のほうである場合が多い。
そして一度家に入れば、サービスは一方的に妻の役目となる。一口でいえば、妻は夫の小間使い。夫は横のものを縦にもしない。
こうした日常を当然のこととして受け入れ、サービスに徹する役割に疑問を持たない「従順な妻」の大半は、亭主は「丈夫で留守がよい」と思っている昔風の妻である。
しかし結婚を男女の愛の場として捉え、・ハートナーとしての夫を望んでいる妻たちの悩みは深い。彼女たちの大半は、満たされない思いをかみしめつつ日食を送っている。
しかし初めにいったように「離婚したって、日本の男はどれもこれも似たりよったり」。
一見「やさしい夫」の増えたように思われる若い世代も、この構造ははびこっている。ただ彼らは、昔の夫たちのように、露骨にその無関心をさらけださないだけなのだ。
「家事にしわよせがこないなら、君は何をしてもいいよ」のせりふを吐きながら、彼らは仕事を口実に家庭から逃亡する。
彼らもやはり、「釣った魚には餌をやらない」昔の夫と本質的に変わりはない。彼らの自我は、一人前の男として妻と関わりをもつだけの成長をとげていないのだ。
「くたびれた。せめて家では、すき放題にさせてくれよ」。これが夫のホンネなのである。
離婚した男がすぐにも再婚したがるのに、女のほうはもう結婚はこりごり、とシングルをきめこむ現実の背景には、こうした夫たちの大群がひしめいている。
面白いことに、こんなふうに身近な女にはひたすら小間使いを求める日本の男たちも、いっさいの女に興味を持たないわけではない。
じつは彼らも外国の男とひとしく、女性が好きなのである。ただしその「好み方」が違う。
昔と違う現代の日本男子の中からあなたに合う人を出会い系 サクラいない ←こちらから探してみてください。

日本の男は女に優しくないのか

2014年3月25日
EC053_L

日本の男たちは、当然のこと、女にやさしくない。
彼らは女に関心を示さないだけでなく、欧米風のレディースファーストを実践するなど、考えさえしない。
男女平等を唱えるなら、女のためにドアを開けたり、荷物を持ってやったりしなくたっていいじゃないか、という人がいるかもしれない。
アメリカでウーマンリブ華やかなりしころ、バスのなかで女性に席を譲ったら、
「いつになったら騎士ぶったいやな男にあわないですむようになれるのかしら」と怒られたという話もあるのだから。
しかし男女平等であろうがなかろうが、男と女が互いにやさしくしあうのはいいじゃないですか。問題はこれまで「やさしく」異性にサービスするのはいつも女だった、
というところにある。
そもそも世の中がどんなに変わっても、筋肉の力がつよいのは絶対に男である。これこそ女より決定的にすぐれている男の価値であるものを、
その力さえ発揮しようとしないのなら男たるもの出番はどこにあるのか。
ところがどうだろう。電車のなかで、かよわい女が苦労して網棚に荷物をのせているのを見てもしらん顔。
女のために車のドアを開ける男性など薬にしたくも見あたらない。
しかし、こちらなら→結婚相談所 選び方 素敵な男性がたくさんおります。

欧米に「いい男」を求める原因とは

2014年3月19日
EC052_L

男は(とくに管理職年代の人びとは)女にどんなふうに向き合い、どんな話をしたらよいのか分からない。
ごく当たり前に、自分と同じ人間として扱えばいいものを、それができない彼らは、いい歳をしたおばさんを「女の子」扱いしてからかってみたり、
まだまだ若い女性を「おばさん」扱いして敬遠してみたりする。そうしていないと落ち着かないのだ。
これはたしかに長い間、男女が隔離されて育てられていた時代の後遺症で、共学世代にはこの傾向がはるかに少なくなってはいる。
しかしそこにはもっと深刻な人間性の問題がひそんでいる。どんな人でも、人をばかにしたり、無視したり、軽く扱ってよいはずはない。
ところが女に対して、男はごく気楽にそうした差別的態度をとる。社会通念として、そのことが許されているからだ。
女に対する態度こそ、男性の人間としての成熟度が表われてくる。その人の思想のホンネが、人間に対する差別感覚の有無が表われてくる。
宗教家にせよ文学者にせよ、女を軽蔑し、差別する人はつねに二流、三流の人物だと考えて間違いはない。
とくに日本の男の場合、異性に「母親役割」を求める人があまりに多い。それはせんじつめれば、一人前の、対等の男性として女に向き合う姿勢の放棄につながる。
ますます多くの「いい女」が欧米の異性に「いい男」を求めるようになりつつある現実は、こうした状況の反映といって間違いはないであろう。
しかし、日本男子全員がダメなわけではない。←ここをご覧ください。きっと良い日本男子がいますよ。