Show MenuHide Menu

昔の男にとっての女

2014年3月25日
EC057_L

誰でもが読む週刊誌のグラビアを、ポルノまがいのヌードがかざったり、人前にはだせないような写真が堂々とスポーツ誌の一面にのって、
教養ありげな男たちが電車のなかで恥ずかしげもなくそれに見入っている、という風景は、この国でなければ見られない。
異性と関わるという、人生に大きな豊かさをもたらす行為は、こうして日本の成人男性においては、ほとんどつねに、「漁色」の色彩を帯びてしまう。
そして彼らは、対等の人間としてでなく、軽蔑し、見下しながらその性を楽しむ相手として女を見るようになっていく。
明治の初め、恋愛は人生の秘鋪(やく) である、と北村透谷が宣言したとき、人びとはあっと驚いたが、こと女を愛し、尊敬することにかけては、
現代でも事情はそれほど変わっていない。友だちの誘いを振り切って、女房と約束があるから、と帰っていく男はばかにされる。
女にやさしい男、女に一目置く男はからかわれる。
色男は「金と力はなかりけり」がふさわしく、男らしい男、ぱりぱり仕事をする男、世のなかに認められる男は「英雄色をこのむ」ならば許せても、
断然、恋に落ちたり、妻につくしたりしてはならないのだ。
こうして中年すぎの男たちは、女を見るとき、相手を無意識のうちに二通りに分類してしまう。
ひとつは妻や主婦などと、相手を異性としてでなく、ある役割に当てはめてみるやり方。彼女たちは実用向きの女だから性愛の対象にはならないのだ。
「ひとの女房なんかと口をきいても面白くねえよ」という姿勢がここから導きだされる。
いやむしろ、夫自身、「女房なんか相手にしても面白くもねえよ」と思っている、というほうが正確かもしれない。
もうひとつのグループに分類されるのは、水商売の女たちや、「自由」な女たち、つまり離婚した女やウーマンリブの女たちである。
男たちはなれなれしく彼女たちに近づいてくる。「ものにしよう」という下心と、相手を軽く見る気持ちを隠しもって。
変な男に引っかからないように、よく選びましょう。

出典:安心 出会系